権利擁護

以下の場合のような困難な状況にある高齢者が、自らの権利を理解し、行使できるよう、市町村の責任によって行われるものです。

  1. 独居等の認知症高齢者で、世帯内に適切な意思決定できる人がいない 。
  2. 虐待やリフォーム詐欺等、他者からの権利侵害が疑われる 。
  3. 近隣住民とのトラブル等があり、福祉サービス等の利用や周囲からの支援を自ら拒否している。
  4. 帯内に問題があり、高齢者への介護保険のサービス利用だけでは解決できない複数の問題を内包している。また適用できる制度やサービスがないなど困難な調整が必要である。

お気軽にお問い合わせください お問い合わせはこちら

西淀川区社会福祉協議会では、皆さまからのお問い合わせを受け付けております。
福祉全般、ボランティアのことなど、ご質問を下記の連絡先までお寄せください。
担当のスタッフが対応いたします。

06-6478-2941 
06-6478-2945 
ny-tikatsu@tenor.ocn.ne.jp 

平日:午前9時~午後7時 土曜:午前9時~午後5時30分(日曜、祝日、年末年始:休み)

    お問い合わせはこちら