地域福祉活動

 地域福祉活動について


誰もが安心して暮らせる地域をめざし
「見守りネット倶楽部」を始めます

地域福祉活動について

区社会福祉協議会では区役所とともに高齢者や障がいをお持ちの方など、支援を必要とする方を対象に地域住民自らが継続的・日常的に見守る「見守りネット倶楽部」を実施します。
「見守りネット倶楽部」の設立に向け、順次地域ごとに説明会等を開催します。また、福祉関係機関との連絡調整をはじめ、地域福祉推進のための福祉懇談会、セミナー等も開催していきます。

社会福祉講演会を開催します

認知症になっても誰もが住み慣れたまちでいつまでも暮らし続けられる福祉のまちづくりをめざして、映画上映会を開催します。
●タイトル
『忘れる病気(アルツハイマー)のばあばが教えてくれた忘れられない物語「ばあばはだいじょうぶ」』
●内 容
“忘れてしまう病気”になってしまった大好きなおばあちゃんを、 子どもの目線で「わかりやすく」「やさしく」描いたベストセラー絵本の実写映画。 ちっと弱虫な小学生の翼は、喜寿を迎えたばあばが大好き。くじけそうになると、必ず「だいじょうぶだよ」と言ってくれる。そんな優しいばあばが「わすれてしまう病気」になって、突然、いなくなってしまった…。

地域社会福祉協議会(地域社協)

地域おおむね小学校区を単位として、地域の福祉活動を中心に、地域で生活している方々の参加を得て組織化するもので、町会や民生委員など各種団体の代表者で構成されており、西淀川区には14の地域社協があります。
「地域社協」は地域の皆さんが抱えている問題や悩みを地域の福祉課題としてとらえ、地域の皆さんたちがお互いに協力しあって支え合い、皆さんが住み慣れた地域でいきいきと暮らせるように、様々な活動に取り組んでいます。

地域福祉活動あれこれ

地域福祉活動推進事業

小地域において、区社会福祉協議会(以下、区社協)という。)が実施する、住民が生きがいをもって安心して生活ができるよう、住民のニーズに適切なサービスを結び付けていく支援活動及び、地域住民の参加と協力による支え合い、助け合い活動の推進体制を整備する活動です。

主に地域活動協議会と地域社会福祉協議会が活動を担い、要援護者への見守り・声かけ活動や、地域の会館等で行われているふれあい喫茶活動や子育てサロン、盆踊りや運動会など世代を超えていろいろな方々が参加する活動などがあります。

○地域活動(各地域によって異なる場合もあります)

  • 食事サービス
  • ふれあい喫茶
  • 子育てサロン
  • 世代間交流

○広報・啓発活動
○研修・学習活動
○連絡・調整活動

高齢者食事サービス

一人暮らしの高齢者などを対象に地域の会館などで会食会や配食サービスを行っています。 区内では9地域で実施していて、地域ボランティアの皆さんは高齢者の栄養バランスを考え、献立や内容に工夫をこらして食事を提供しながら地域での相互の交流が図れるよう活動しています。

※地域によって、内容が異なります。また開催日時等地域行事のために変更になる場合があります。

>>詳しくはこちら

ふれあい喫茶活動

地域での喫茶活動は、地域で暮らす人たちが、集い・交流することで、地域の人々のつながりを深め、より良いあたたかい地域づくりを目的として、地域の集会所や老人憩いの家などで実施しています。
コーヒー、紅茶などが100円程度で提供されており、いろいろな人が集う井戸端会議的な「場」として、また住民の福祉活動の「拠点」として、ふれあいを楽しみたい方はお近くの喫茶コーナーに気軽にお立ち寄りください。

※地域によって、内容が異なります。また開催日時等地域行事のために変更になる場合があります。

>>詳しくはこちら

地域福祉活動連絡会

各地域活動協議会や地域社会福祉協議会における地域福祉分野の活動を円滑かつ効果的に実施できるよう、各地域から活動者にお集まりいただき、テーマを決め奇数月に連絡会を開催し支援しています。(区役所と社会福祉協議会の合同事務局)

【内容】

  • 各地域での取り組み状況についての情報交換
  • 地域福祉活動に関しての区役所・区社会福祉協議会からの情報提供
  • 地域福祉に関する意見交換及び課題の検討
  • 関係機関、関係団体との連携及び協力について

【これまでの連絡会】